FC2ブログ

Kimitaka_KOGO blog

岡崎 乾二郎 著「芸術の設計」

知人よりおもしろい本を教えていただきました。
音楽について語った部分は、非常に分かりやすく、そして興味深いものでした。
美術家によってここまで語られてしまっては、音楽家に立場はない(笑)
もちろん音楽だけでなく、建築、ダンスに至るまで、幅広い分野を網羅しています。

芸術の設計―見る/作ることのアプリケーション 芸術の設計―見る/作ることのアプリケーション
岡崎 乾二郎 (2007/05/11)
フィルムアート社
この商品の詳細を見る


この本の、「音楽の設計」という章は、11世紀ごろの譜面の原型から、パソコンの打ち込みの画面に至るまでを、ほんの40ページほどで語りきっています。その中には、ハンガリーの作曲家・バルトークから、R&Bのプロデューサー・ティンバランドまでが、普通に友人のように登場してしまっています。

鍵盤ごとにネコを用意して、それぞれの音に対応してるネコのお尻をつつく「ネコピアノ」なんて登場してきますが、ちょっと動物虐待ではないでしょうか…。しかしこれもMIDIの原点であることに代わりはございません。
なるほど、それならネコを紙袋に詰め込んで蹴る和尚は、MIDIパーカッションの原点とも言える。

とにかくいろんなことを示唆してくれるいい本だと思います。
別ジャンルの人からの視点にこそ、真実がある。僕も、スポーツについて語ってみようかと思います(笑)

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://kkblogsince2007.blog98.fc2.com/tb.php/26-4d9ca810

芸術の設計―見る/作ることのアプリケーション

芸術の設計―見る/作ることのアプリケーション 作者自身も答えがでていないのが、答えな気がします。 それぞれの分野の初歩的...

«  | HOME |  »

プロフィール

Author:古後 公隆(こご きみたか) 作曲・アレンジ、ピアノ・チェロ演奏を中心に活動しています。
・詳細プロフィール
・メールを送る

イベントのお知らせ

RSS表示パーツ


最近のコメント


最近のトラックバック


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


カテゴリ


RSS

最新記事のRSS
最新コメントのRSS
携帯電話用RSSリーダー WiWi (ウィウィ)


QRコード

QRコード

リンク

・リンクページ
・このブログをリンクに追加する


広告

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村